eleyeleblog.com

一般的な葬儀にかかる費用内容

葬儀の際の写真撮影が増えています 人は生きている限りいつか亡くなる日が訪れます。その際は親族は最後の別れのために葬儀を執り行います。その際に親族は会葬者への連絡や葬儀の準備など悲しみにくれる時間もないほど、忙しく準備をしなくてはならなくなります。それと同時に葬儀にかかる費用なども一時的に負担となります。では一般的にとり行われることが多い一般葬を行う際にかかる費用の平均ですが、70万円から200万円の間が相場となっています。利用する斎場などの費用のほかに、会葬予定者の人数や親族の人数に葬儀で飾られる生花や料理などによって費用が大きく変わります。

実際にかかる費用内容ですが、斎場の使用料のほかに通夜式費用に告別式費用がかかります。そのほかに火葬場などを利用する際には、火葬料のほかに休憩室の利用料なども発生します。葬儀本体にかかる費用もあり、生花のほかに遺影や枕飾りに水引幕や受け付け用具一式など細かい費用が発生します。葬儀をすすめるための司会者料のほかに、火葬場などが併設されていない場合であれば移動するためのバスレンタルなども発生します。そのほかに飲食接待費用や寺院費用などもあります。葬儀自体は会葬予定者数や親族数などのほかに、葬儀社選びなどによって大きく費用が異なってきます。

Copyright (C)2019葬儀の際の写真撮影が増えています.All rights reserved.